• ホーム
  • 耐性菌の研究と辛い細菌感染症にクラビット

耐性菌の研究と辛い細菌感染症にクラビット

クラビットは細菌感染症の辛い症状を軽減するために投与される薬で、マイコプラズマ肺炎や、クラミジアなどに効果があるとされています。
クラミジアは性感染症で、粘膜の接触によって感染するので、セックスによる感染が多くなっています。
感染を防ぐためには、コンドームを装着する必要がありますが、口や手からも感染する可能性があるので、衛生的な環境でセックスをすることが感染予防のためには重要です。
マイコプラズマ肺炎は、夏に多い感染症で、暑い時期に免疫力が低下している高齢者や子供を中心にして感染を拡大します。
肺炎にかかった場合には抗生物質を投与することで、症状を改善することができますが、咳などの症状は1ヶ月程度残ることもあります。

欧米では耐性菌の研究が進んでいて、抗生物質を処方する頻度が高くなることで、耐性菌が生み出されやすくなるとされています。
耐性菌に感染した場合には、様々なタイプの抗生剤を投与して、効果があるものを選択する必要があります。
アメリカではスーパー耐性菌が発生しているとされていて、全ての抗生物質に対して耐性を持っているので、対症療法しか治療する方法がありません。
免疫力が高い若者の場合は深刻な症状になりにくいのですが、免疫力が低下している高齢者の場合は肺炎などを引き起こすことで死亡するリスクが高まります。
世界的には薬による対処が難しい細菌やウイルスが増えつつあるので、新型インフルエンザなどが発生した場合には、患者を素早く特定して隔離することが重視されていて、抗ウイルス薬などが備蓄されていますが、ウイルスや細菌に対して免疫力がない状態で感染すると、抗ウイルス薬や抗生剤を用いて、効果のある薬を見つけるしかありません。

関連記事