• ホーム
  • 自然治癒の判断は早計なクラミジアとクラビット治療

自然治癒の判断は早計なクラミジアとクラビット治療

緑の細菌

性行為を介して感染しやすい病気として、性器クラミジア感染症とよばれるものがあり、これは日本における性感染症のなかでも、感染者数がもっとも多いものとされています。
性器クラミジア感染症にかかると、男性の場合であれば、尿道でクラミジアが増殖するため、透明な分泌物が尿道の出口から出るとともに、排尿痛や尿道のかゆみといった症状があらわれます。
女性の場合は、男性とは違って、症状がほぼみられないという場合が多いものですが、もし症状がある場合には、おりものの量が増加し、下腹部の痛み、違和感があるというのがふつうです。
このような性器クラミジア感染症が拡散しやすい原因には、実は症状がないか、あってもごく軽いケースが多いということも関連しています。

症状がまったくなければ、感染しているという事実にも気づかないのがふつうですし、症状が軽い場合にも、感染はしたものの、自然治癒してしまったのだというあやまった自己判断をしてしまうことになりかねないためです。
したがって、性感染症の可能性があるような相手との行為をした場合や、わずかでも症状がこられる場合には、病院でまずは検査を受けてみるのがよいといえます。
病院の検査で陽性となった場合には、クラビットのような医薬品を処方されるのが通例です。

クラビットは合成抗菌剤にあたるもので、これを服用すれば、体内の細菌を殺菌することができますので、症状についても改善されることがみこまれます。
クラビットは錠剤のタイプ、あるいは細粒のタイプが一般的であり、処方を受ければ自宅で治療ができるものですが、重い症状がある場合のために、点滴静注パックのようなものも別にあり、これは病院での処置となります。

関連記事